ポメラニアンの‘エルモ&クレア&クリス’との わんこ中心の毎日をご紹介~ (*´▽`*)♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FRIDAY
2005年11月09日 (水) | 編集 |
昨日、ダディが『FRIDAY 11月11日号』のコピーを持って帰ってきました。職場で休憩中に見せてもらったところ・・愛犬家には見逃せない、重大な記事が


現在、大阪地方裁判所で「ドッグフードを食べて犬が死んだ」として、日本での売上No.1を誇るドッグフード『サイエンス・ダイエット』を輸入販売している『日本ヒルズ・コルゲート社』が訴えられているそうです。
『メンテナンス』という商品の中に含まれる大豆成分が「鼓腸症」を引き起こしたことで「胃捻転」になり、最終的に死に至ったとの事。ここで問題となる、「鼓腸症」と「胃捻転」とは・・


鼓腸症 胃または腸内でガスが過剰に生産され、腹部が膨張した状態。
胃捻転 何らかの原因で胃がねじれ、膨張した胃が他の臓器を圧迫、死に至る事もある。

(詳しく知りたい方は コチラ


鼓腸症は大型犬に多く見られる病気で、アメリカでは犬の死因の上位にランクされる病気だそうです。
大豆はアレルギーの原因になる事もあるし、十分な時間をかけずに加熱・加工した大豆は消化が悪く、成分が消化器官内に留まっている際にガスを発生し、脳と結ばれている血管を圧迫してショック状態を起こし、短時間で死に至らしめる事もあるようです。粗悪なドッグフードには加工が不十分な大豆が含まれている事があるそうなので、ドッグフード選びは慎重にね


それから、特に大型犬の場合、食後に運動したり暴れたりすると胃捻転、腸捻転を起こしやすいそうなので、食後しばらくは安静にしましょう
最近、マミィには“近所迷惑だな~”と思う事が2つあります。


1つは、野良猫に餌を与える事。
不妊・去勢手術をせずに餌だけを与えると、栄養を摂った猫達は繁殖を繰り返し、その数は減らないばかりか、不適切な交配で病気などの障害を持つ不幸な子が増えてしまう事もあるでしょう。
それに、猫は賢いので餌をくれる人の所では排泄をしないそうなので、その近隣に住む人が困る訳です。我が家も何度か、汚物の被害に遭いました
手術を受けさせて餌を与えているのならまだしも、何も考えずに餌だけをあげている方。それは、単なるあなたの自己満足にすぎないと思います。“可哀想だから・・”と思うなら、責任を持って最期まで面倒を見るべきです


2つめは、畑などで物を燃やす事。
煙は一度臭いがつくとなかなかとれません。洗濯物を干していたり窓を開けていたりすると、家中にずっとその臭いが残り、とても不快な気分になります
煙は風に乗って遠くまで運ばれるので、かなり広範囲に被害が及びます。迷惑しているのはマミィだけではないはず・・。心当たりのある方、できるだけ燃やさずに済むように、もしくは燃やす時間を考える(みんな窓を閉めるであろう夜間とか)など考慮して下さい。


愚痴っぽく終わるのはイヤなので、最後に可愛いエル&クレ画像をお楽しみ下さい。


お茶目な エル&クレ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。